聞法会 五月の内容と六月の予定

2018年6月 4日 Posted in お知らせ

五月二十七日、日曜日午後三時から聞法会が開かれました。

 

今回は善導大師の主著である「観無量寿経」の注釈書「観経疏」に説かれている「観経」の至誠心・深信・回向発願心の三心の内容から

1  先月のおさらいとして機の深信

2  二種深信の法の深信

について解釈されました。法の深信の内容補足として歎異抄第九章の中の「久遠劫より今まで流転する苦悩の旧里はすてがたく、いまだ生まれざる安養浄土はこいしからずさふらふこと、まことによくよく煩悩の興盛にさふらうにこそ」を引き合いにだされ「観経疏」の中にある「二には決定して深く、かの阿弥陀仏の、四十八願は衆生を摂受したもふこと、疑なく慮りなくかの願力に乗じてさだめて往生を得と信ず」から

 

1唯識  

2三身説  

  

の解釈、お話がありました。

 

次回は六月二十四日、日曜日午後三時より開催予定です。

どうぞご出席ください。


■お問合せは お問合せフォーム もしくは、電話・FAX までどうぞ。
■徳入寺までの 交通アクセスはこちらをご覧ください。